« 心に言い聞かせ | トップページ | 説明の巧みさとは »

2007年5月18日 (金)

凡と非凡

「凡と非凡の分かれるところは能力のいかんではない。

精神であり感激の問題だ。」

ほめるならば、多少の不細工には目をつぶり、

ほめることに徹しなければならない。

人をほめる時のコツなのだ。

ほめる時に「しかし」は禁句。

親が子供をほめる時

「算数はなかなかだね。国語も頑張ったね。しかし、理科はもう一息かな。」

結局、ほめたことがゼロになってしまう。

誰でもほめられると嬉しいはずである。

最も長所を伸ばす原動力となるのだ。


[PR]パチンコ専門スカウト求人モバイル

« 心に言い聞かせ | トップページ | 説明の巧みさとは »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/402045/6462088

この記事へのトラックバック一覧です: 凡と非凡:

« 心に言い聞かせ | トップページ | 説明の巧みさとは »